どうしよう!遠方での急なお葬式!

しっかり家計を管理していても、急にお金が必要になって困ったという経験はありますよね。
特に困るのが、遠方での急なお葬式。
亡くなった方が身近な親族ですと、包む金額も多くなりますし、交通費、宿泊費もかなりの痛手になります。

先日、私がとてもお世話になっていた叔母がお亡くなりになりました。
叔母の家は私の家からかなり遠く、新幹線を乗り継いでまる1日かかる様な距離、大好きな叔母が亡くなったという事でショックを受けているのに、家族分の交通費や宿泊費をどう捻出すれば良いかと考えなければならず、本当に困ってしまいました。

重ねて、お通夜の当日に出発したのでは間に合いませんから、お通夜前日からの数日間、宿泊しなければなりません。
我が家は5人家族なので、宿泊費だけでも泣きたくなるほどの金額でした。
出費は交通費、宿泊費だけではありません。
数日間の外食代、こちらから持っていくお土産代、向こうから帰ってくる時ののお土産代、挙げればきりがないほどの出費です。

定期預金を解約しようかと考えたのですが、以前解約した際に銀行でしつこく何に使うのか聞かれたり、急いでいるのにお得な金融プランの説明を長々されてしまった経験があったので、解約は面倒だなという気持ちもあり、お金があると使ってしまうタイプの私では、解約したお金全てをあっという間に使ってしまう気がして不安です。

どうしよう、と困り果てた時、クレジットカードでお金を借りられる事を思い出したのです。
クレジットカードはガソリンが高騰した時期に、少しでも安くしたいと考えて入っていただけで、あまり買い物などには利用していませんでした。
加入の際、急な出費の時にお金を○○万円まで借りられて便利ですよ。と説明を受けていましたが、お金なんて借りたりしないし、関係ないかな?と思って余り真剣に聞いていませんでした。
救世主を見つけた私は、早速クレジット会社のサービスセンターに電話。どの様に借りたらよいのかを教えてもらいました。

その後は無事にお金を借りられ、ホッと一安心。
無事に叔母のお葬式に出席する事ができました。
今後は至急お金が必要な時でも慌てなくて済みそうです。

ただ、家は自営業なので、景気の良い時はだいじょうぶなんですが、落ち込みかけてきたときが前にあって、その時は急に大金が必要となりあせったことがありました。
その時は、貯金をなんとか切り崩し、無事にしのげましたが、いつ何時また大金が必要になるかもしれないと思うと気が気でありません。
小規模企業共済の借り入れというのがあるみたいなので、いざという時のために、もっと詳しく知っておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>